与えられた証

印鑑イメージ

ある人は「印鑑は道具の一つだ。」と云う。
それも一理ありますかね。印が無ければ、進まない仕事。書類。
考えて見ると、私達の生活の中でかなりのウエイトを占めているんですよね。
自宅に居ながらにして受け取る配達物にしても印、サインですし、キャッシュカード、通帳作る時も。
生命保険等も印鑑なしでは契約も受け取る事出来ません。
結婚、離婚にも必要。

当たり前に生活してる中でも実は印鑑を求められる事がたくさんあります。
回覧板のサインも今や印ですから。いかに印鑑を活用している事が分かります。
筆跡だけではなく本人証明として使用される印鑑。
本人として認めて貰う最終兵器ですね、印鑑は。

それでは代表印はどうでしょう。
やはり代表印とて、同じですがただ、代表ともなると個人よりも背負う物が莫大になります。
自分の行う責任もそうですが、会社を背負っている訳ですから、使用一つで会社イメージも一瞬でダメージに変えてしまう事になります。

慎重に判断が必要になる大事な印ですね。何気なく日々業務に使用している代表印ですが、自分の判断一つで状況が決まる!
あなたの仕事は大切な責任です。
印は押す事は出来ても、その後の責任を取れる人のみに与えられた証です。
その想いを受け止め、日々過ごして行かなければなりませんね。
毎日充実した日を過ごす為に。充実している事を忘れずに。
印は奥深いです。私も含め、自身で使用の印は大切に。感謝も忘れずに。
印のお陰で私達、生活しているのですから。

ページの先頭へ